エンジニア一年目はとにかく仕事を覚える

エンジニアとして働くようになり一年目となると、それなりに必要なものも変わってくる。まずは基本的なプログラミングスキルだ。プログラマー経験者ならば一年目でもそれなりに働けるが、全く業界未経験でプログラマー経験もないのなら、業界の基礎基本的なところから学習しなくてはならない。戸惑うことも多いのがこの時期だが、一度覚えてしまえば応用が効くので、色々なスキルを身に着けていくべきだ。

また、エンジニアとして働くのならとにかく先輩について仕事を覚える機会なども多いだろう。プログラマー経験者なら、これまではプログラミングだけしていればいいのとは大きく変わってくる。中には外部とのやり取りを行うようになったり、より広い視点で作業をしなくてはならないなど、配慮をしなくてはならないことも出てくるようだ。

内部設計やテストなど、これまではあまり考えなかったことについて考える必要が出てくるだろう。ただし一年目ならまだ先輩や上司に配慮してもらったり、分からないことは自由に質問できるというメリットもある。また、転職してエンジニアとして働き始めたのなら、その会社に馴染むことも大事になるだろう。とはいえまだ肩書に応じた仕事ができるというわけではない場合も多い。

もし分からないことがあれば周囲や先輩・上司など、頼れる人を一人チェックしておき、その人に定期的に進捗を報告したり、わからないことを質問するなどの心がけが必要になる。
また、独立した際はかなり孤独感に襲われるという。そんな悩みを打ち明けられる存在は貴重である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です